2003.December  2004.January 2004.February 2004.March 

  

 

 

                                               お昼インテリア関係のお店を起業している方とお茶をした

                                              とても緊張したけれど悪い緊張ではなかった

                                              机の上 対角線上に青いガラスコップ

                                              空気までも青く染めてしまうような強さを放つ

                                               話が自然と私を外国へつれていく

                                              彼から私へのメッセージはストレート

                                              ストレートほど難しいものはない

                                              気付いたら「無」になっていて何かが変わるようなそんな気がした

                                

                                

                                

 

 

              April 1th 

 

 

              April 2th

                                  だいすきなともだちがだれを想って涙流すの

                                              むかしからそうだったね

                                              いつの間にか2人とも大泣きそして笑ってる

                                              あなたのこころがとてもきれいでまっしろで

                                              原色の私をパステルカラー させるんだ

                                              電話越しのしずく

                                              わたしはきっとあなたのようになれない

                                              だからお願いね ずっとそのままで

                                              体育館のベランダで泣いているあなたとわたし出会ってホントよかった

                                 

  

                                 

                                 

 

 

 

 

              April 4th

                                 3人で会うの久しぶりだね

                                              さくらのしたでクリームいっぱい口につけて

                                              笑いながら食べたスイート 

                                              歩き疲れた 並木チェリーでひと休みね

                                              窓の外 さくらの花びらたち いそいでどこかへいく

                                              同時に刻々と迫る時間

                                              食べきれないけどおこのみやき3枚ね

                                              マヨネーズの網  おもちブロック

                                              タイムアウトまであと数秒

                                              淡い空の色風が吹く

                                              波の音を聞きながら目を閉じてあなたたちのこと想います

                         

 

 

                          

                                   かえり道 公園

                                              誇らし気に咲く桜に誘われて斜に傾いたベンチに座る

                                              クロスに交わるひこうき雲

                                              気付くと正装したおじいさんが私に話しかけ 

                                              「ここ座っていいですか」

                                              おじいさん この歳で恥ずかしいけど今ね好きな人がいるんです

                                               毎日その方のことを想い胸がワクワクしたり忙しいって

                                               すてきだな 人を好きになるってこと あらためて すてきです

                                              ベンチから見上げる桜がこんなにきれいって おじいさんのせいだったんだね 

                                               月明りの下 恋の文 恋の人に

  

 

 

 

              April 6th

                                 

                                   

                                   

                                               大切に育てているblueberryたちがお花を咲かせようとしています

                                              冬なのにまっかな葉っぱを脱ぎ捨てて

                                              平然と空に向かっているあなたたちを心配したこと 懐かしくおもいます

                                              朝 空まではやく届くようにと添え木をしてみました

                                              blueberryたちの花言葉「想い続ける」

                                              あなたたちが強い理由 なんだね

 

 

 

            April 7th

                         

 

 

 

 

 

 

 

                                              香川までマーチを走らせた

 

 

            April 9th

                                 かなしい心 昨日ぎゅっとしぼった筈なのに

                                   まだまだしぼれるのはなぜ

                                   みんなの心がぬ れてるからマーチ走らせるの大変だったよ

                                              ここにいる 何かがうごく 光が射す 

                                              あすはなにいろ

                                              ゆるい右カーブ

                                              対向車のウィンク

                                   スーツ姿の上司にありがとう

                                   ねぐせっと へんちくりんりん 

                                              りんりん りん

 

 

 

 

 

 

            April 12 th

                                  

 

 

 

                                              にいちゃんからもらったやさいジュース         

                                    ちょっぴりざらざら だいだい色

                                                にいちゃんからの元気をキャッチ ナイス

                                                帰りアイスクリームたべながら家まで歩くね

                                                八幡宿の小さなコンビニでアイスクリームかって

                                                夜空みあげながら帰ってた 

                                                あの頃のアイスクリームと同じ味がした

                                                ひだりからみぎに吹くかぜ

                                                かぜはあの頃と違う

                                                ほどけた靴ひも 今日はそのままでいよう

 

            April 13 th

 

 

 

 

 

                                           

 

 

 

 

                                             上司に頼まれたお湯のみ

                                              赤土と白土を交互に 口元の削り苦労しました

                                              窯から出てくるの楽しみです

                                              おひるごはんのあとマーチを走らせていると道に迷い

                                              気付くと目の前にれんげ畑が広がっていました

                                              かわいいピンク

                                              空みあげると大きな雨雲

                                              ピンクちゃん負けないでね

 

               

 

 

                                             

                                               陶芸の後 mosデートしました

                                               わたし土いっぱいつけてごめんなさいね

                                               今日はおそろいのもの頼みました

                                               三つ子とクローバーのはなしをしました

                                               金曜日と土曜日が手を繋ぎどこかへ向かう未来

                                               そのままでいいよ きっと

 

            April 15 th

 

 

 

 

 

 

            April 16 th

 

 

                                       hanikami night

                                                    自然の素直のリズム 足のしたくぐって

                                                    たのしいね 手をつないでピョン はねてはねて

                                                    いつもどこだろね どこかに潜む まっくろが

                                                    居場所なくしてどこかへいっちゃった

                                                    陽がおちて鉄棒とふたりっきり

                                                    はじめて回った坂上がり

                                       そこにはだれもいなくて だれもみてくれてなかった

                                                    だからすごくドキドキした

                                                    だってはじめての感覚 一人占めだもんね

                                                    そんなきもち はじめてのhanikami night

 

 

 

 

 

 

                                       花茶日和なお昼の数時間

                                                      夕方には大きな雨粒

                                                      空から地にやって来た記念 

                                                      ひと粒ひと粒 土のクレーター

                                                      いつもより音量+3のメロディ

                                                      クリアしなきゃ クリアにしなきゃ

 

 

 

 

 

                                    

 

 

 

 

 

 

 

                                    こころのもやもやの中ひとりさまよう

                                                降りそぞく光もすべてガラス越し 屈折させる

                                     でもそれはとてもきれいな光でとどかない何かに希望がみえる

                                                対角線上 深く青いガラスのコップ

                                     100%対100%

                                                いっしゅん見失う0%

                                                真夜中 ポテトとオムライス招待した

                                    そして気付いた

                                    初めてみた

                                                スタートライン

 

            April 23th

 

                                     

 

                                                   スイッチオン

                                                   コミュニケーション

                                                   矛盾だらけのコンプレックス

                                                   おしっぱなしだったわたしのスイッチを

                                                   かるく戻して再びオン

                                                   味のないケーキだったのに

                                                   スイッチオンでチョコバナナの味

                                       リーダと二人

                                                   カフェオレの ホットとアイスお願いします

                                                   (おかしい+笑い)×10回/3

                                                    理解できない方程式

 

 

 

 

            April 19th

 

 

 

 

            April 21th

                                              おさないころよくケンカした

                                                   ねむれない夜の連想ゲーム

                                                   0サイと3サイから

                                                   24サイと27サイ

                                       縮まることのない3サイ

                                                   27年目の今日の空は

                                                   あなたの大好きなとりが大きくえがかれています

 

 

 

 

 

 

                                      こけさんごがうちにやってきた

                                                   歴代のこけさんごたちも微笑む

                                                   こけさんごについて花屋のお兄さんと40分話した

                                                   気付けば夕暮れ

                                                   カセットウォークマン

                                                   気付けば左から音が聞こえなくなってるよ

                                                   故障? ですか?

 

            April 28th

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            April 25th