home  カコノウタ     4・5 6  7

 

 

  

 

::::::::::::::::::::::::::

 

 地面がわらった

 ゆるく ゆるく

 そしてぼくはしきをうたうだ

 

::::::::::::::::::::::::::

 

 

  ただいまをいって

  帰国した

  パスポートにスタンプがたくさんになった

   

  どうしておなじページにどんどん押されていくのでしょう

  つぎのページへすすんで頂きたいのですが

 

 

 

  パパにもらったマーブルピンクのバラの元気がなく植え替えを断念

  空においしそうなひこうき雲をみつけてすこしぼんやり

  旅のおわりのかぎをさがしているうちに

  つくえですこしねむってしまった

 

  空においしそうなひこうき雲が夕方を教えてくれる

  明日かえってくるわたしのドイツファミリー

  5さいくんと2さいくん

  ぎゅっ

  したいな

 

  ゆうごはんは和風スパをつくった

  1人でたべるごはんはやっぱりおいしくないで

  半分いじょうのこってしまった

  

  11.10

 

  

 

 記したいこと

 

 今日oberhausen(オーバーハウゼン)に電車で1時間バスで40分かけて向かいました

 目的は「平和村」のおまつり

 http://www.friedensdorf.de/japan/home.htm

 

 バス通りをそれて小道のゆるい坂道をあがると森の中にひっそり建物がたっています

 今日はおまつりなのでその小道が人ひとの流れ 勢いよく

 

 受付を通るとすぐ子供たちが敷物の上で白い画用紙を色とりどりにおえかき

 みんな一列にならんで大きい子が小さい子に教えたり

 これは何? ひこうきだよ

 これは? ぼくのいえだよ

 質問にすぐ笑顔がかえってくる

 「まぶしい笑顔」

 みたことのないようなやわらかい光のような

 

 「ここで働くの?名前は?」

 イアンくんがたずねてきた

 「ちがうんだ、ドイツに住んでいて、今日はおまつりにきたよ」

 ざんねんそうな顔が一瞬ちらり

 

 紛争で被害を受けた子供たち

 顔が腫れ上がっている子

 手足の自由がきかなくなってしまった子

 頭に傷を負う子

 大きなやけどがある子

 小さな手たち 小さな足たち

 平和とは?

 

 こどもたちがおどっている様子をみながら

 ずっと一人

 考えた

 

 平和村にきたくてもこれない子供たちであふれる内戦国

 元気でわらっているこの子たちも

 治療がおわるとまた母国にかえってゆく

 母国に帰りたい気持ちを何年も小さな体でおさえてきて

 待ちに待っている帰国

 やりきれない

 母国にかえるとまた、、傷ついてしまうかもしれない

 くりかえしエンドレス

 やりきれない

 

 かえる時刻が近づいてイアンくんのところへさよならを

 「またくるね」

 「versprechen」

 わからないドイツ語単語だったけれど

 小さな小指でわかりあえた意味

 刻まれる「約束」

 わたしのあたまから離れない

 

 帰りの電車の中

 イアンくんの笑顔

 あの笑顔が忘れられない

 今までに見た事のない心のかお

 

 わたしにできることを

 小さなことから考えよう

 06.9.9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんな旅をするの

  のメールが何通か届いたので以下をどうぞ

 

 とんぼファミリーのたび

 (5人たび)
 /23  Frankfurt-----Ruedesheim------Oberwesel-------Koeln------Dortmmund -------Paris /29

 ※ ファミリーを迎えに行く前にMainzへ1人旅

   教会の中にあるシャガールのステンドグラスをみてきます

 ※ Oberweselまではライン川クルーズ 古城ホテル泊

 ※ Paris美術館/モンサンミッシェル/ベルサイユ宮殿/お買いもの

 


 (2人たび)
 /29  Paris------Bruxelles--(飛行)-----Berlin------Prag------Wien  /7

 ※ ParisとBruxellesの蚤の市

 ※ Berlinの動物園

 ※ Pragのバザール

 ※ Wien フンデルトウ゛ァッサーの建築物

 


 (1人たび)

 /7  Wien------Budapest  /11

 ※ 蚤の市

 ※ 刺繍もの買い物

 ※ Dortmundに飛行機でかえってくる

   片道2500円 どんな飛行機かわからない

 

 たびまであと少し

 ユーロ高に涙をこぼしながらいってきます

 外国で外国の列車チケットを買う事ができず

 prag---Wien と Wien --- Budapest のチケットは現地購入

 さあ

 がんばろう

 おともだちには初めて訪れるBudapestからお便りおくります

 希望するおともだちは事前にメールください

 

 掲示板にかいたようにsiki no uta

 当分お休みです

 では

 viel spass!

 

 

 

 

 

 5さいくんの幼稚園まで歩いて30分

 森のなかをいつものように歌をうたいながらぐんぐん歩く

 メロディ森のくまさん

 そしてきのこ探しに10分程

 

 森の中の匂いが誘う幼少時代

 わたしは不器用でだけど図工の時間がとても好きだったこと

 めがねのふとっちょの優しい声をもっている

 図工の先生

 木々の匂いがつれてきた

 いつも気にかけてくれる先生が

 わたしは大好きだった

 

 同じ材料で同じ工程で船をつくったあの時間

 釘をうって糸を通してモータをつけ色をぬった

 プールサイドに並んでモータ手動まき

 なぜかとんぼ号だけ水にもぐって潜水号

 写生大会だって毎回のように緑色、ユーモア賞

 

 速く走る事ができなくて入った放課後クラブ

 歯をくいしばりすぎて泣く事を越えて毎日走った

 

 どこかに忘れてきたものが見えたとき

 5さいくんが遠く森の中できのこをみつけたのサインをしている

 その姿がくっきり見えた

 

 「これ毒きのこかな」

 マリオを元気にしてくれるキノコそのもの

 色のきれいなきのこ群は大半毒がある

 moriのおっちゃんがよく言っていた

 

 小さな背中に小さな赤いリュックサック

 「いってくるね」

 「いってらっしゃい」

 またおなじ森のなか

 2さいくんと2人 森のくまさん きのこ探し

 06.9.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 +++お知らせ++++

  stockholm旅行記

  アップしました

 +++++++++++

 

 

 

 朝

 起きたら子供たちとパパがおでかけをしていた

 ママと2人

 静かな時間を過ごす

 おひるすぎ

 5さいくんがとびついてきた

 大きな貝のかたちをしたパスタを抱えてうれしそう

 「とんぼちゃんにもお土産だよ」

 手渡された赤いミニバラ

 この1週間大変でおつかれさまのありがとうをこめて

 とパパ

 さっそく部屋の窓辺で元気よく

 わたしの部屋を甘い匂いにしていました

 

 

 今日はサイクリング日和

 IKEAまで

 道と時間わからず挑んでみる

 バス440の道をたどればいけるはず

 道を何度も何度も尋ねて到着

 IKEAランチを食べておかいもの

 かえり

 へとへと

 のぼってくだって、あるいて、おして

 家に帰って距離を確認

 往復40キロ!!

 

 パパわらった

 

 夜はジャムづくり

 庭にの一番大きな木の実

 ホルンダジャム

 さっそくパパと味見

 今日かった白い大きなパンがいっきに。

 勢いづいてワインにチーズに

 食べすぎな今日おしまい

 06.9.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ドイチュ LEGOLANDの旅行記作成中

  続いてstockholm

  おたのしみに

 

 

 

 

 +++ おしらせ  +++

 旅行記venezia (ヴェネチア)と tabinoidou(ミュンヘンからスウェーデンまでの移動旅)

  アップしました

 どうぞ

 

 

 

  +++ おしらせ  +++

  MuenchenとFuessen

   旅行記アップしました

  どうぞ

 

 

 あたまがいたくてねこんだ

 06.8.28

 

 

 

 +++ おしらせ  +++

  旅行記「Muenchen」

  あと少しでアップします

  Passau旅行記の感想

  たくさんありがとうでした

  これからもたくさんまっています

          

 

 

 

 かぞく旅行

 今日であとちょうど1ヶ月

 

 ポストにカメラの修理代金の明細がやってきた

 185ユーロ

 保険会社に請求できるかどうかメールをがんばって送信した

 

 おひるすぎ

 語学学校

 8月23日までの3ヶ月コースの延長をと

 インフォメーションにいった

 ドイツにきて4ヶ月経った今

 エンジンがかかった

 夜間の学校も検討中

 06.8.23

 

 

 

 

 

 

 

 +++ おしらせ  +++

  旅行記「passau」

  アップしました

  興味あるおともだち どうぞ

  06.8.22

 

 

 

 

 おともだちから手紙がとどいた

  うれしいお便り

  彼女は高校生の時のライバル

  テーマを変えてきっと続くこの仲良し

  本当にありがとう

 

  午前はママと一緒におかいもの

  かご屋さん

  IKEA

  文房具卸屋さん

  大きなスーパーマーケット

  雨降る時間の過ごし方

 

  午後は学校

  街まで5キロの起伏ある道を

  自転車ではしった

  つかれてすこし授業中

  目をこすった

   

  家に帰るとパパがじゃがいもをほっていた

  畑から直行したいもたちをポメスにした

  ほくほく

  畑味

 

  夜遅く

  パパとママと3人でたくさん話をしてたくさんわらった

  子供たちの書いた絵日記はみんなのたからもの

 

  06.8.21

 

 

 

 

 

 今日は隣町Herdeckまでサイクリング

 パパのなおしてくれた自転車はまだカラカラ音をたてている

  山をこえて西へ西へ

  街に着いた頃雨がふってきて

  小さな街の人が集まるカフェで雨宿りをした

  何種類もあるケーキの説明を1つ1つうけ

  シンプルなバターケーキを選んだ

  ふったりやんだりの雨にフライングを何度もしてしまった

  地図がないサイクリング

  大きな橋が遠くにみえる

  あそこに向かおう

  着くと大きな湖が広がって遊覧船がゆっくり波跡をのこしていた

  湖沿いのどのくらい続くかわからない自転車の道をまっすぐ進む

 筋肉むきむきな男たちに何度もおいこされた

  遠くの山の上に教会がみえてきた

  あそこまであそこまで

  ついた

  近づいてみると教会ではなくて市庁舎だった

  お城みたいな造りで格好がよい市庁舎

  それはHerdeckでなくその隣街のWetterという街の

  気付いたときに少しびっくりした

  こんなところまできてしまった

 

  湖で覚えたドイツ語を唱えたり、詩をうたったり

  家にかえろう5時の鐘

  れんげをつんで部屋にかざろう

 

  家にかえると5さいくん

  「ラザニアつくって」

  とびついてきた

  よしよし

  ホワイトソースとトマトソースをつくってキッチンでゴトゴト

  5さいくん大満足の声が家中にひびいた

  06.8.20

 

 

 

 

 

 あおぞらな朝起き

  ドルトムント16℃

  いつもバスで通過する景色を歩いてみる

  おさんぽ さんぽ

  途中電話がなった

  同じ学校に通うポーランド人夫婦からのコール

  「今日、うちにきませんか?」

  突然の招待に戸惑いながら

  おもてなし料理に不安をもちながら

  気付けば妻クリスティーナの車がわたしの前に止まっていた

  「おぢゃまします」

  重たいドアを開けると机に並ぶ料理が盛られたまぶしい銀食器

  ざっと10品

  わからない大きな豆のサラダやう、う、うさぎ

  続いて何かの煮込みやじゃがいも料理

  何種類ものソース コンソメスープ?

  鴨肉の炒め物 わからない魚とインゲンらしきものの炒め物

  イカの味がした何かのあんかけ料理

  大きな砂糖ケーキ

  くだものもりもり

  ミルクゼリーみたいなもの

  好きなものを好きなだけどうぞのスタイルでなく

  1品1品をみんなでゆっくり食べるスタイル

 一瞬 地獄をみる

  すべて手の込んだもので昨晩から仕込みをしたんだよ

  と夫アンジィ

  とんぼはいつもおいしそうに食べてくれるから大好きだよ

  と妻クリスティーナ

  のみこむ回数 かぞえきれず

 

  かえりみち

  スーパーマーケットでレモンをかった

  家でそれだけ食べてなんだか満足した

  06.8.19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すこし薄い匂いのコーヒーと夜が更ける景色を

  贅沢に独り占め

  ぼくは木と木の間からみえる夜更け空がとても好きだ

 

  今日は5さいくんと2さいくんと公園にいった

  わたしが四葉のクローバーをさがしていると

  2人がよってきて

  3人でひざついてさがした

  風でゆれるブランコ影

  クローバーの緑と空気の粒がまざってメロンソーダー

  3人 わらった

  かえりみち

  ママにないしょの寄り道小道

  アイスクリーム屋さん

  いちごとまんごーとピスタチオ

  いつもの信号色

  丸いテーブルで交通ルールのおべんきょう

  06.8.17

 

 

 

 

 わたしの大好きなジョニーデップの映画

  映画館に向かう

  いつもの450番のバスが

  今日はなぜか違う方向へ向かい

  知らないバス停が最終だというアナウンスにびっくりした

  乗客みんな困った顔をした

 

  おたのしみは20時から

  150分のフィルムに集中

  ドイツ語吹き替えのためジョニーデップの本当の声が聞けなくて

  かなりざむねんをずっと思った

 

  かえりの地下鉄

  ひさしぶりのこの時間

  映画のすこし怖いと思ったシーンがカムバック

  ちょっぴりこわい気分

 

  家につくとママのあたたかい言葉たち

  今日もきなこ牛乳であたたまって眠ろう

  06.8.16

 

 

 

 

 

 てがみがとどいた

  彼女の字はきまって小さくてきまってルールのない

  いつもそんなだ

  1つの封筒に2通の手紙

 

  1つはドーナツ少女より

  何もかわらないがそこに見えた

 

  1つはmoriで働くおっちゃんより

  表題に「人生で2度目の手紙」と記されていた

  字をかくことが苦手だと

  あの頃いっていた声そのままで

  ワープロの力を借りたその手紙から

  聞こえてくる

  ふしぎ

 

  moriの色を描く

  1度2度3度

  くりかえしくりかえし読んだら

  あの日moriでぐんと我慢したしずくがたくさんあふれた

  ありがとう おっちゃん

 

  ドイツにやってくるてがみたち

  かぞく ともだち せんせい

  なによりも

  なによりも

 06.8.15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とんぼファミリーのたび計画

 

 (5人たび)

 /23  Frankfurt-----Ruedesheim------Oberwesel-------Koeln------Dortmmund -------Paris /29

 (2人たび)

 /29  Paris------Bruxelles-------Berlin------Prag------Wien  /7

 (1人たび)

 /7  Wien------Budapest  /11

 

  またながいたびがはじまろうとしています

  計画の進み%

  /29までの計画は90%

  /29からのkukkaさんとの2人旅20%

  /7からのとんぼの旅0%

 

  ファミリーの旅は少し贅沢をしてライン川下りをしたり古城ホテルにとまったり

  わたしの必死なドイツ語についてきてください、ファミリーさん。

  そして長くなった首でフランクフルトで会いましょう

  06.8.12

 

  

  

 

 

 

 

 

  パパにきってもらった髪型にようやくなれた

 

  ドイツの冷え込みは激しく

  すこし風邪をひいた

  土曜日にある公園のLicht Fest(ひかりのおまつり)の招待状

  ドキドキしながら待つ明日、明後日

  大好きな花火もあがるからてるてる坊主をつくって両手をぎゅっとかたくぎゅ

  

  すこし遠くのおなじ時間

  てるてる坊主が届けるLove

  06.8.10

 

 

 

 

 

 学校がはじまりました

  おひさしぶりですのあいさつ

  定位置にすわって必死な2時間と30分

  15分の休憩中にトルコ人の少女が大きな紙袋をがさがさと

  !!!いやな予感!!!

  というのは彼女はケーキを焼く事を趣味としていて

  1ヶ月に2、3回、ケーキをもってきてくれるのです

  そのケーキというのが、、、。

  がっつり一人一人のお皿に手をパーにしたぐらいの大きさをドン

  うわああああ

  こなす感じでたべる

  いろいろな感想がダイレクトに飛び交う中

  一人沈黙とんぼ

  ありさんは大喜びだろう

  一人腹黒ちゃん

  少女のケーキとてもとても甘く、そして何か分からないものが必ず入っています

  今日は鮮やかな緑色の点々群でした。

  聞くのが少し怖かったので黙々とこなすことを決意して達成しました。

  もう少しで食べ終わる時

  がさがさ

  わたしの対角線上に座るインド人のおやじ!!

  !!!!再度いやな予感!!!!

  得体知れぬネバネバ

  見るからにカレー風味

  おえぇぇ

 2時間30分の授業の後半戦はいつも

  後味とおなかの具合との戦いで終了

 

  今日のドルトムント10°

  時折吹く強風に凍える

  ルームシューズをはいてゆっくりあたたまろ

  06.8.9

 

 

 

 

 

 

 

 今日の夜はこどもたちのために

  ミートコロッケをつくりました

  ママとパパは結婚記念日でディナーに出かけています

  本当は昨日だったけれど

  2人ともすっかりさんだったようです

 

  今日

  部屋の窓からドラエモンを呼びました

  夢を別のかたちで叶えてくれる

 そんな道具をもらいました

 

  空を少しみあげて

  日本

  みんなの顔

  06.8.8

 

 

 

 

 

 お休みは外にでる

  この街で好きになったコーヒー屋さん

  いつもの席は空いている

  花嫁たちからの知らせ

  願う 会いたい気持ち

 

  夕方過ぎ

  車で小さな村に連れていってもらった

  ルール川を見下ろした

  教会の隣にあるレンガ造りの幼稚園がステキだった

 

  日本語を懸命に学ぶ彼の姿

  見習おうと明日

  分厚い2カ国語の教科書は

  きっと近いうちにくたびれるだろう

  06.8.7

 

 

 

 

 

 おしらせ

  3週間にわたったヨーロッパ

  旅のしるし

  後少しおまちください

 

  ::順番::

   ミュンヘンのたび

   パッサウのたび

   LEGO LAND (Guenzburg)

   Playmobil Funpark(Zirndorf)

   フッセン(ノイシュヴァンシュタイン城/シンデレラ城)

   ベネチア(イタリア)

   ハンブルク/ストックホルム

   フィンランド(ムーミンランド)

   ヘルシンキ

   バルセロナ(スペイン)

   

  

                 06.8.6  とんぼ

 

 

 

 

 ドイツの8月をおたより

  寒くさむくてコートをきておでかけです

  

  今日はお庭でじゃがいも収穫祭

  5歳くん2歳君 はしゃぎます

  かごたくさんに穫れたおじゃがは今日の夕食のメインに変身

  ドイツには300種類以上 じゃがいもの種類があり

  もちろんその料理法も異なります

  じゃがいも自体に味があり ただオリーブオイルで炒めてパセリをちらしただけでおいしいです

  素材の味をたのしむ

  ドイツの食事を一言でいうとこんな感じでしょうか

 

  家の中では「ジダンの頭突きのメロディ」エンドレス

  フランスで大流行しているそう

  そういうメロディをつくらないとフランスの方々は気持ちを処理できないようで。

  パパはフランス人

  家みるパパはいつもジダンメロディでおどっています

 

  最近のわたしはというと

  ドイツの急な冷え込みに 足の痛みに負けず

  9月からのドイツ家族旅行に向けて計画を立てる毎日

  パパとママとわたし3人

  5歳くんと2歳くんを夢にさそった後

  いつも決まった時間に集合し夜な夜な計画を

  ワインで3カ国語の「乾杯」を楽しみながら

  はっぴいな時間 もっています

  06.8.6

   

 

  

 

 

  

 

 

 たくさんの写真の編集がはじまりました

  たいへん たいへん

  だから いま 午前4時です

 06.8.6

 

 

 

 こどもたちに家族みんなに

  今日はミートボール

  きゅうりとチーズとトマトとなかよくね

  みんなぱくぱく

  口と口が重なる音だけ響かせて

  かわいい家族

 06.8.4

 

 

 

 

 

 カメラがついにこわれた

  スペインの事故の後遺症

  ハンブルクに2度目の修理にゆきます

 06.8.3

 

 

 

 

 長旅からもどってきて日常へ

  ほっとDortmund

  旅の思い出が鮮明に

  雲と雲の間の景色まで

  うたをうたいたくなる気分

  06.8.2