今日の日

星は地上に降りてきて

わたしの目の前優しく光のまるい輪をつくった

 

生き様

 

25年が流れ

はじめて出会った星のたくさん

 

不時着したこの場所に

背中をおされた

 

出口をみつけた粒つぶは

黒いお気に入りのスカートの上

跡を残す不時着で

 

11月22日

 

 

 

 

moriの一番空に近い場所から

この暗いに目を、感情を

自由に解き放つ

小さな家の灯がきれいを並べ

スマイルな一等星

外国に向かう飛行機の2機

西に東に

旋回して雲に消えた

 

11月27日

 

 

 

 

 

 

結婚式

大好きな人

きれいな花嫁さん

おめでとうございます

 

 

東京

12月17日

 

 

 

 

翌日朝早起きして

電車いくつかのりかえて着いた

夢の国

帽子の上のミニーマウス

目をつぶっても夢の国

 

12月19日

 

 

 

翌朝東京

1人

東口から出られない迷路

今日はなんだか少しこわい

 

夕方の南口

信号機の赤と青が繰り返す日常は

少し苦手

最後の夜のごはんは丸い木の器の上

色とりどりのおいしいを並べた

 

帰り支度を拒む右肩は頼りにならない

 

新宿西口

人が行き交うをバスの高いその位置から眺める

小さい彼女はお気に入りの

そのコートと毛糸帽

小人が小さく手をふる

元気でね

 

1秒だけ深呼吸

後ろを振り返ると

人人の中

もう彼女を見つけられなかった

 

からだときもちのバラバラを

このバスは目的を見失わず運ぶんだ

 

12月20日