12  1  2  3  4  5  6  7 8  9 10 home         

 

 

 

今日から月が変わり11月になりました

大きくなったねブルーベリー

紅葉が少しずつスタート

 

今年台風の仕業でさよならしたミントに代わって新しいコを植えました

午後がきて

熱帯魚をみにいきました

熱帯魚が家族の一員になります

シルバーチップテトラ

かわいいぃ

このコにしようかな

tonbo家はただいま 「まりもくん」しか居ません

みこちゃんとワクワク

1th

 

ともだち入院中

マドレーヌをつくり病院へ向かいました

成人してから何度この病院に足をはこんだか

たのしそうに話をするあなたをみて

安心しました

高校生のときからずっと変わっていない意外に強いあなただけど

弱さをいっぱい知っているわたしは

笑った顔の裏側をちょっとだけのぞくよ

写真のハイビスカスの赤が

室内を元気にする元気を備えている

2th

 

 

   

傷を負ったと知らないうさぎ

羽をなくしたてんとう虫

春が来ない冬

循環するしょっぱい雫

旅にでるか細い風

お願い事きめた

たった一つの

わたしのお願い事

やっと決まった

3th

 

シンプルの想いを伝えれば

北も南も分らなくなる

離ればなれが近づいて

左手の親指が記憶を戻す

ぐっと胸に終うこと覚えてたのに

桜が散って雨が降って悲しいをしたのに

ミチの真中に立つ君は

いつも通りのその華奢な

その体で

触れることのない冷たい手で

私の長くのびた髪を

撫でるんだ

4th

 

話したいこと

いっぱいポケットにいれた

はじめてみた無表情

今頃になって

遅かったね

明日こない今日を

大きく空いているわたしの空間に

大切に

ありがとうしておきます

5th

 

 

約束の日

ドーナツ屋さんで待ち合わせ

夕ごはんしてトウガラシ

ぱくりと食べるあなたとわたし

 

大好きなジョニーデップの映画

髪の毛が常にボサボサで可愛い

大きなスクリーンにいっぱいの大好き

 

映画終わってどこか行こうか

目的地は遠い方がいい

遠い所にいきたい

着いたそこは空が近い星の遊び場

何か大きなことができそうな

そんな気にさせる

田舎のみち

 

24hファミリーレストランの灯を目指して

泡の香りのするコーヒー

今日をありがとう

7th

 

 

今日はおっちゃんが建てた山の丸太小屋で

会社の人たち総勢30名でバーベQをしました

おっちゃんが育てている魚をずっと眺めていたら

頭から尾まで通る1本の赤い模様線がとても綺麗なことに気付いて

網で魚をすくうおっちゃんの手を数秒止めてしまった

小屋にはたくさんの色と香が溢れていて

それはきっと今の私に必要なものだと思った

川沿いにある小屋

目を閉じているといつの間にか夢を見始めた人たちに毛布をかけ

課長と4歳の女の子と散歩をした

下に目をやるとかわいい小菊が咲いていて

女の子はお花をママにお土産するとかわいい声でつぶやく

女の子は摘んだ3本の小菊を小さなオーバーオールのポケットに入れた

課長もうれしそうに摘んで胸元にある茶色いポケットに入れた

わたしも浅いズボンのポケットに少しピンクを帯びた小菊を入れた

走って届けよっか

遠くても遠くても届くような 4歳のきもちをもらった

8th

 

 

minaの帽子を被って熱帯魚専門店までosanpoしました

残念ながら火曜がお休みとのことで来週に繰り越しです

お昼ごはんは韓国から帰って来たお友だちがキムチをくれたので

キムチチャーハン作りました

本場のキムチは本当おいしい

だけどすごく辛い

夜はOB仲間くんとお茶をしました

大好きなmosココア

生クリームがなくって少し残念

短く揃った彼の前髪

わたしも明日前髪 短くしよう

9th

 

 

きみがきみであることに気付くのに

どれくらいかかっただろう

ひどく冷めた空気

今日は風が強く元気で

なんだかこわかった

 

真っ暗なエレベータの中

一人三角座りで2階の正方形のランプが青く光っていて

そのまわりが ぼやっと青いのを

指と指の間から見ていた

 

きみがきみであることに気付くのに

どれくらいかかるのだろう

記すことを忘れたわたしは

その方法を君に聞くよ

返ってこない質問に対しての答えは

単純で残酷で有情で

それを思う度

手元のコントローラーの線が抜けていること

そのことに気付く

明日春が来るよ の朗報に少し耳を傾け

もしかしたらを夢にみる

 

きみがきみであることに気付いたのは

風が強い今日だった

10th

 

 

mori

kara

sora

made

 

11th

 

 

 

洋なしの傾き

なぜだか解らないことに傾いて

すこし驚く

 

久しぶりにバッティングにいった

打った

振った

すこし息がつまりそうになった

 

帰りみちの熱帯魚専門店

店主と話すは2時間

店には続々とお客さんが入ってきて

みんな同じ系統ですこし驚く

驚き醒めぬままロト窓口へ行っていつものおばちゃんと夢のはなし

毎回夢のテーマが違うね

輝く贅沢

 

車のライトのまぶしいに

時間を感じ

今日がおわって

明日がくる

15th

 

 

今日はおっちゃんのmori no koyaにおでかけ

到着して早速やきいもでからだあったまる

高縄山の展望台いったことあるか

いくぞ

愛犬くんもいっしょに車にのってめざす展望台

車内を流れるたのしい音符たち

 

到着 誰もいない

標高986mに2人と1匹

それぞれがそれぞれの空を眺める

 

お昼からキウイ狩り

 

ダイコンほり

 

疲れてコーヒー時間

さといもほり

      

5時の音楽がmori no koyaにやってきて

軽く背伸びをする

おっちゃんの建てたこのmori no koyaを

大切にするおっちゃんの理由

それはわたしの理由でもあるってこと

 

もう一度背伸びしてかえろう

16th

 

 

熱帯魚たちがtonbo家にやってきました

丸い目を青く光らせスイスイ元気です

最初は

ブルーアイ×5

食べ残し掃除係のコリドラス×2(右下の写真に映っています)

コリドラスは水槽に入れるのを躊躇ってしまいましたが

今となっては控えめな性格の彼たちがかわいいです

  

みこちゃんと2人

水槽の前で癒される毎日のはじまりです

17th

 

 

なかよし君がうまれた日

指折り数える

出会ってから今まで と 今からとこれからずっとまで

君の24回目の今日

してみたいことがあるんだ

大学生のときの電話

お風呂してお布団にはいって真暗な空を眺めながら

するといつの間にだろう

スズメたちの会話が聞こえる朝がくる

眠たいねそろそろ寝る

なんて

あんな会話

あんな時間

今日

知り合えたことありがとう

教習所にありがとう

おめでとう なかよし君

18th

 

 

あのすごい音が空から届いて

届けられる度

行きたい場所があった

羽につかまって

何時間がんばって

そうしたら会える計算を

目を閉じて

 

あのすごい音が届く度

思っていた

19th

 

 

こけた

おでこをうちました

21th

 

 

わたしのおじいちゃんとおばあちゃんの街は窯元がたくさんある街です

今日はこの街をお散歩することにしました

  

案内版や民家の前にさり気なく焼き物が置かれています

素敵な街

今日もたくさんのお花の匂いを風が運んでいました

 

帰り陶芸がしたくなって studioに寄りました

今日は型抜きの器と小皿を

誰もいないstudioで

無心になる時間

あるがままに

大好きがうまれる

 

 

22th

 

 

 

詩を届けよう

うたを

届くかな

届いてほしい

 

久しぶりだね

あいさつして

ことば失う

組み立てられるブロックが

幾度となく崩され

その原因を知っていると知る

 

窓に映る自分に色を感じて

春の儚いを恋しくおもう

 

違う声で

口の横にあるほくろが

三日月型の目が

悩む顔が

耳たぶの白いが

あたたかいが

好きだと言った

 

追いかけてきたものの正体

4年と少しの年月の正体

それはまっしろなキレイだった

 

だからここで結んで消えていくんだ

23th

 

 

りーだとはにさんとわたしの時間

勇気が必要なことばたちが

ひとつひとつ独立して

大きなどこかに招かれる

勇気なんてひとかけらもいらなかったんだってこと

教えてくれる

角度かえてみる世界は

今まで目に映したことのないキレイな透明色で

たくさんの色を混ぜてみたくなる

どの色よりも強いその透明色は

どんな力をもっているんだろう

24th

 

 

叔母の誕生日

部屋の灯をろうそくにして

帰りを待ちます

ありがとう

何度も言うよ

大好きです

25th

 

 

たのしいお酒をのみました

Cuteなおしゃれさん

いつもいつもまぶしいです

私たちの大好きな安藤建築について語り

minaとmaruで勝負し

お互いゆずらなくって

お互い褒めあって

いつも目覚ましをかけてくれて、とめてくれて

電池をかえてくれる役割を

「仕方がないな」が小さなかわいいから出てくる瞬間が

大好き

1ヶ月遅れのプレゼントだよと

ANTIPASTのくつ下とお花のピン

うれしいがいっぱい咲きました

27th

 

 

 

わざとバラバラにして

作り直してみる

だけどまた同じもの

できてしまう

 

鮮やかなものはマボロシになるのを嫌って

定位置にもどる

甘い声でそれをいいよと言う

くりかえしの迷路

タメイキなパズル

29th

 

 

いつの間にだろう

君の背中が大きくなっていた

2年前と変わらない笑顔した時の目の形

左頬のえくぼは私とおそろいで

安心した表情が大胆に溢れでる

来年の君に

卒業と就職

おめでとうね

30th