home  カコノウタ     4・5

 

 

 

 

 

 おひさまのした

 ころころころがるまるグリーンに

 6がつをうたう

 SIKI NO UTA

 

 

 

 

 

  フランス→ベルギーから帰ってきました

   すてきをよぶ

   そんな魔法の修行に出たみたいに

 

 

   街のはずれの魔法使いのおうち

   レースの鳥カーテンにマロッコの器たち

   すてきがすてきをよぶ

   家族たち

   旅行記作成中

 

   6.Dienstag

 

 

今日は夕方から陶芸にいきます

「Weisse Taube」からバスで23分

流れる外国風景飽きる事なく見続けて

気がつけばバス停「Oberbank」

ここがHorst先生のアトリエ

至る所につぼつぼつぼ

あっちむいてつぼ

こっちむいてつぼ

今日は釉薬(色付け)の日です

作った作品のうち2つが薄すぎたため

われてしまったと言われました

合計6つの作品

できあがりは1週間後

 

8.Donnerstag

 

 

 

 

 

午前中

次男2歳くんと動物園にいきました

年間パスをママが購入しているのでいつでも会いたいときに来られます

 

やさしいきりんの目に緑もとけます

今日は幼稚園のこどもたちがいろいろ写生をしているせいか

動物たちもいい表情をしていました

2歳くんはおおはしゃぎ

普段はあまり走らないこの子がおおはしゃぎ

やぎさんたちにエサをあげる一角が設けられていて

大変なことになりました

エサを握った瞬間

飛びつかれるとびつかれる

子やぎさんでもずっしり

くるんです

 

今日はワールドカップ開幕日

午後からはファミリーで街の雰囲気を楽しみにきました

各国の旗がゆらゆら

カラフルゆらゆら

 

スタジアムから2キロ圏内の人たちは

ワールドカップ期間の行動範囲を記載する義務があるよう

びっくり

なぜだろう?

交通の便をうんぬんでしょうか?

▲うまれかわったDortmund中央駅

世界各国のことばでようこそ

  

Friedens Platzに巨大スクリーンが2つドン

ここにみんなが集合します

Dortmundは今スウェーデン一色

スウェーデンサポーター方々のキャンプ地になっているよう

どこに行っても迷っても

黄色と青(スウェーデン)

そして黄色と赤と黒(ドイツ)

油断しているとワイワイに巻き込まれます

そしてスタジアムまでの道のり

赤い絨毯をずっと敷いています

辿って気付けばスタジアムへようこそ

そんな感じです

 

街に突然どん

屋根のない観覧車

そして速度が信じられないくらい速い

誰ものっていません

 

夕方は家に帰ってDeutschland VS Costaricaをテレビ観戦しました

ゴールゴールまたゴールでおもしろいでした

あまり興味ない私だったのですが

街の雰囲気にすっかりのまれて楽しめそうな感じです

Dortmundである22日の日本戦は当日券を狙います

 

9.Freitag

 

 

 

 

 

今日は突然

小さな旅

たまごバックにおにぎりとお茶とメモ帳をいれて

 

Dortmund --- Koeln(経由) --- Bonn

列車で3時間程

 

目的地はBonn

日本の合宿地にむかいます

というのも今日で公開練習が最後らしいのです

 

時刻表をもっていなかったのでDortmundでうまく乗り合わせできず

Koelnに着いたのは午後2時すぎ

この風景

3年前を思い出し

「エス」のなぞを解くカギをつかむ

ケルン中央駅の中

どこ行ってもサッカーワイワイ

 

ケルン大聖堂

今は一部分、工事中

3年前は北欧からケルンを経由しパリへ向かった

そんな旅

思い出す

そんな旅

今日は中に入ってみよう

光のぜいたくに時間をさらわれ

また予定していた列車におくれる

今日2度目

よく走る日

 

Koelnを出発してBonnへ

Bonnは小さな街

ベートーベンの家がある街です

今日の目的はこれ

合宿地ということで駅構内至るところに看板が

スムーズにスタジアムに行けるようです

 

スタジアムに向かうバスの中

少年と出会いました

お互いに1人だったので一緒にゆきます

少年は日本戦のチケットをすべてもっているよう

3位決定戦のチケットを譲ってくれるという話だったのですが

(少年は帰国しないといけないそうで)

1人でゆくのもさみしいのでお断りしました

 

スタジアム到着

おぉぉ

練習してる

遠くでもわかる大きな頭

中澤選手

しゅんすけが手をあげる

その先で中田がキック

ぼんっ

弾む音

しゅんすけのコーナーキック

迫力があり

ジーコ監督のシュート

キャッチする川口選手

練習は15:00 から17:00まで

今日は短めだそうです

  

練習も終わって引き上げ

メンバーたちが通ってゆきます

みなさんくろく光っていました

 

カメラの充電が気になる頃

大物がやってくる

むきむきだ

 

ジーコインタビュー

上から

むにゃむにゃ

いっていました

 

 

今日はたくさんの日本人に会いました

それぞれの旅のプランをもって

北に南に大忙し

 

これは無料で配っている笛

断っているのに強引に首にかけてくるバイトアフリカ人

至る所で配っているのでいつの間にかこんなにも

 

いらない

 

これをドイツのお土産に

数名の方

させて頂きます

 

終わって日本人で満員バスにのって

地元の方々にかなり迷惑をかけました

 

その後ケルンを旅して列車にのります

帰りはオーストラリアからやってきたクマみたいな人たちと席が一緒になりました

英語!

ドイツ語を勉強していると数も出てこないひどい状態

焦りました

陽が沈むを列車の窓から

言葉なしで手振りなしで

同じものを感じる時間は

12日にあるオーストラリア対に日本戦を

一時的に忘れさせてくれる

素敵な時間になりました

 

Dortmundに到着

彼たちをホテルの最寄り駅まで案内

お礼にと飲み物をごちそうになりました

今日は夜9時からスウェーデン戦があったようで

街は黄色と青に染まっていました

やっぱり巻き込まれる

またあの笛が出てくる出てくる

かわすのも上手くなりました

 

いつも乗るU-bahnもワールドカップ仕様になっていて

いつもの様に何も考えず乗った私はスタジアムに運ばれ

かなり焦ってしまいました

アフリカ系のスタジアムスタッフの方に助けられ

無事に家に到着

小さな旅

おしまい

 

10.Samstag

 

 

 

 

 

家の近く

丘のバス停前

わたしの好きなお花屋さん

おきゃくさんもいっぱい

かわいいものをそろえて

大好きなものに囲まれる

そんなお店へのあこがれ

 

koeln土産

LEGOのかわいいショップを発見

またいこう

 

11.Sontag

 

 

 

 

ワールドカップ

JaP vs AuS

 

子供たちに手作りサムライ

ニッポンチャチャチャ

家にはフランスと日本の旗が何本もあります

午後から街に設置されている大型スクリーンで観戦です

 

結果は。。

がっかり。。

家に帰るとパパが残念が伝わる日本語をつなげていました

 

今日はママが夜お仕事

私が夕ごはんをつくります

メンチカツ

たまごをいれると子供ちゃん

大喜び

野菜は庭で育てているものをチョイス

 

 

庭はたくさんの植物・花で元気です

いちごとかぼちゃとトマトをパパと一緒に植えました

右の写真はりんごちゃん

まっかになあれのおまじないを2サイ君とかけておきました

 

12. Montag

 

 

 

 

今日は隣町Bochumへお出かけです

ちょうど1ヶ月前に会った

日本語を学びたい2人

看護士さんと本屋さんのコンビ

みんな先生の家に集合です

 

Dortmundの列車はサッカー関係で全ルートで遅延

みんないらいらしている駅構内

 

Bochum中央駅からバスで20分

先生の家に到着

 

 

ラズベリーとアーモンドがたくさんのったケーキをパクリ

おかわりパクリ

 

一通り勉強を終え

みんなドイツ語で打ち合わせ

流れ分からぬまま気付いたら本屋さんの車に乗車

 

きれいな湖につれていってくれるそう

途中障害物のない広い場所で私も車を運転してみました

ミッション!

クラッチ!

半分はなしてアクセル踏んで。

本屋さんは横でずっと笑っていました

「道路に出る?」

「のーめるしー」

何かこの会話

教習所を思い出します

 

湖到着

といってもかなり大きい湖

ずっとお散歩コースになっていてひたすら歩きます

途中アイスクリームをごちそうになりました

本屋さんはかなりお茶目な人で一生懸命です

日本語に対する熱意

今日の気温の100倍くらいありそう

ふとそう思う

今日33°でした

彼と一緒にいるとやる気煙がもくもく

消火したくない火です

 

7時からは先生の娘さんとコンサートに行きました

帰りも電車遅延

まちぼうけトンボ

 

13.Dienstag

 

 

 

 

お久しぶりにこんにちは

学校も行けないくらいの忙しい毎日がすぎました

心配メールをくれたおともだち

どうもありがとうです

 

庭の緑もいきいきと

今日は朝からさくらんぼとり

空からふってくる赤いさくらんぼちゃんを子供たちがヘディング

 

どのくらいとれた?

5つだよ

と5さいくん

家族5人分だそうです

1つは我慢できなくって先にね僕たべちゃった

って

かわいい

 

 

今日は日本戦があるので家でパーティをします

10名程集まりました

ママと2人で朝から春巻きづくり

せっせか

100本程でしょうか

もりもり

 

日本対クロアチア

良い試合だったのですが

やっぱり1点ほしかった

 

 

午後

からんからん

玄関の鐘がなりました

わたし宛の小包だそうです

高校のおともだちたちからの贈り物

マリメッコのエプロン

とってもうれしい!!

本当にありがとね

みんな大好きです

 

 

 

ワールドカップ関連のお話

今記念切手が販売されています

フランス版とドイツ版

どちらがどちらか分かりますか?

ドイツはなぜ

かわいくないのでしょう

ドイツの記念切手ならば手に入るので

ほしいお友達は連絡ください

買っておきます

フランス版はフランスに行った時に買ったものなのでもう手に入りません

ざむねん

 

18.Sontag

 

 

 

 

 

21日→

ミュンヘンからおともだちがきています

すこしのあいだ

更新できませんことを

おしらせです

あすはブリュッセル(ベルギー)にむかいます

22.Do

 

 

 

 

 

お友達がやってくる朝

南Muenchenから遠くから

やってくる

ドルトムントの街を案内

時間があまってすこし困った

日本のお笑いさんと街でばったり

わたしは別に、、

とおもって友達のためのカメラマン役にまわった

けれど

お笑いさん

「君もいっしょにはいりーな」

その一声でぱしゃり

 

夕方ドルトムントツアーに参加

1時間30分

バス停に向かうとドイツ人ガイドさんがかけよって大きなバスを目の前に

「あなたたち2人だけなのでツアーはなくなるかもしれません」

そんなごあいさつ

そんなはじめまして

数分後ボス到着

話し合いの結果

バスは私たちと地元のテレビカメラ隊をのせて出発

貸し切りツアー

はじまりはじまり

ツアー中ずっとカメラをまわされ

インタビューで下手なドイツ語をならべ

後で知る悲劇

実際に放送される事実

そして映像のコピーが家に送りつけられること

 

 

日が落ちる時刻

私たちはコンサートハウスに向かいます

これで4回目

毎回の違った感動を処理しきれない素敵をこえるステキ

 

 

21.Mitwoch

 

 

 

 

2006.6.22

夜9時

Jap vs Bra

ドルトムント中央駅

はじめてでさいごの日本人の数でしょうか

 

朝早くそんな人ごみから逃れたい

私たちはMuensterに向かいます

Muenster(ミュンスター)はわたしが最初に考えていた留学地

とても楽しみに

 

Dortmund →  Muenster

RE(鈍行列車)で40分

わたしの思い込み切符は大胆に

車掌につかまるMuenster手前

ねばる

つかまる

とぼける

とおす

車掌あきらめる

 

Muensterはどうやら州外でわたしの定期は使えなかったよう

因にドイツは改札がないので無賃乗車は可能

しかし見つかった場合は金額×60倍がHello!

 

 

Muensterの街

 

自転車あふれる

ギムジナウムに大学に学生の街

人口の3割が学生さんだそう

Dortmundにはない景色

交差する飛行機雲の下

この場所に来ていたら違った大切をもって

みちを確かめながら歩いたんだろうことを

一人考えた

そして気付いた

わたしはDortmundが好き

いまいるここが好き

 

 

看板のかわいいたち

  

おひるごはんの頃

ちょうど大学が目の前に

そして忍び込む

「学生証は?」

の問いかけに

「家に忘れた」

よしクリア

これで4ユーロ程

 

 

午後5時

キックオフ4時間前

Dortmundにかえってきました

街に居るこのサイはシアターのキャラクターになっています

Dortmund市内点々と101サイ、いるそうです

にっぽんちゃちゃちゃ

ドイツぼぼぼん

市庁舎からスタジアムまで敷かれる赤い絨毯

これをたどれば迷わずスタジアムに

みんなであるくみち

敵も味方も

緩んだ警察たちも

絨毯を歩いている途中

対戦相手ブラジルマンが気前よくビールごちそう

ラッキガール

片手にもってぐんぐん進みます

みんな自由に表現し

自由に舞い

自由をいつも以上に開放する

おまつり

スタジアム到着

ドルトムントのスタジアムの外観は

なんだろう

どうでしょう

 

キックオフ開始前まで当日券を狙う

安くて250ユーロ

一番高いおじさんは800ユーロ

「先にチケットを見せてください」

たずねると

「絶対あるから」

こたえ

怪しさむんむん

 

こわいおじさんたちに囲まれながらもねばる

ざむねんながらチケット手に入らず

スタジアム近隣のホールで観戦することになりました

みどり色とき色のブラジル人

時折流れくるウエーブ

近くに座った日本応援団ドイツ人組といっしょに

にっぽんちゃちゃちゃ

 

結果は

そう

1:4

完敗

 

ドルトムントビールで乾杯

 

22.Do

 

 

 

 

Bruxelles

あさはやおきして列車の旅

Dortmundから4時間

様子は、

2週間前に訪れた時とミックスして旅行記をアップします

もう少しお待ちを

 

23.Frei

 

 

 

 

今日は結婚式に

ママのお友達から招待されました

午前中にわたしの大好きなお花屋さん

お花を用意して出発

隣町の教会へ向かいます

まっしろなドレス

ふくらんだおなかにしあわせ花嫁さん

花束どろぼうくん

教会を出て立食パーティ

あまいケーキたちにゆめをみる

 

場所をかえて森の奥へ

青少年センターを貸し切りにしてのパーティがはじまります

5時からはドイツ戦をみんなでみて盛り上がって

終わった頃にビュッフェがならぶ

サーモンにお肉にキッシュにサラダに

ならんだごちそう

デザートだってわすれずに

 

  

少しわかりづらいかもですがこれらがお祝儀です

お金をおりがみ

洋服や船に

日本のように結婚式にお金をかけることはないようです

今回は違いましたが

ビュッフェは大半、出席者の持ち寄りだそうです

 

 

いろいろなイベントが用意され

少し陽がおちたころダンスがはじまります

花嫁と弟

結婚までのみちのり

涙がでてきます

moriでわいわい

 

続いてのイベントはお嫁さんお婿さんにしてあげれることをかいて

船をおります

日本人がおる「つる」がドイツでは「ふね」なのでしょうか

わたしたちはみんな折り方を知らないだったので

つるをどかんと折り上げました

これをつりあげます

時間内にあげられた船(つる)に記載されていることを叶えます

因にJapanつるはすぐに目をつけられ

つりあげられました

 

 

つづいて風船飛ばし

小さな子から大きな人まで一つずつ手に持ちます

eins1  zwei2 drei3

のかけごえで一斉に

とんだ

螺旋をえがくカラフル

ひとりおくれた子を

みんなで見届ける

夜も10時30分

つづいて

つづいて

このパーティは明け方まで続きます

 

5さいくんも2さいくんもぐったり

キュートなおしり

蛍くんもしあわせをたくさん運んできて

今日をみんなでお祝いする

どうかずっと

その光が2人の手の中でみちをてらしますように

Love

 

24.Sam

 

 

 

 

昨日の結婚式からDortmundにお泊まりにきている4人家族

朝からパパがいそいでプールを用意

子たちはプールに夢中

パパたちはさくらんぼとりに夢中

こんなにも赤くまるく収穫

テーブルを庭に運んでランチ

あらったばかりのテーブルクロスをしいて

Guten Apetiet!

 

25.Son

 

 

ブラジル対ガーナ戦

Dortmundスタジアムへゆくのは

パパママ5さいくん

わたしと2さいくんはお留守番

 

ここからはママのレポート

もりあがるスタジアム周辺

半額になるWMグッツ

よくみるとブラジルの国旗

地球の中に星がキラキラ

かわいいです

 

混雑するスタジアム周辺

音が

はげしい音がきこえてきます

トロフィー

ここからチケットをもっているひとたちしか入れない場所です

コーラー売りのお兄さん

生コーラーしぼり

テレビ観戦とは違う雰囲気

2さいくんとわたしは手作りミートコロッケをたべならが観戦

夜9時ちかく家族が帰ってきて

20個ほどあったコロッケがすべてなくなりました

おいしいがきけてうれしいでした

 

27.Die

 

 

 

 

なにかすてきな星のまわりを

いつもながれるこの窓から1人

あたらしいクレヨンもちだしてえがいた

時はしらんぷりするか

ハニカムか

手の中にあふれる四葉のクローバーをつぎは

君に届けよう

 

28.Mi