Rothenburg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10.16

 車にてA6/A7を北へ北へ。

 Ingolstadtから2時間。

 ベンチに座って街を眺めると

 ものがたりが頭の中をいっぱいにするような

 そんな街にやってきました。

 

 

    

 パーキングから街の中央まで歩いて15分ほど。

 坂道ぐんぐん。

 残念ながらくもり色の空。

 ドイツのこの時期は、、、と言葉にすることなく納得。

 マルクト広場に到着。

 市庁舎の建物おもしろく(一番右の写真)

 右側は16世紀に建てられたルネッサンス様式。

 左側は14世紀に建てられたゴシック様式。

    

   

 街の雰囲気。

 赤い屋根、カラフルに白が混ざった壁の色。

 ツアーの人たちがかたまっている様子も

 なんだかかわいくて見つける度

 カメラ向けてほっとするのです

 

   

 大きな通りから外れてみると

 素敵な風景を目にすることが多い

 

 少し早いとドイツの人たちもザワザワ。

 街のお店には

 クリスマスの装飾品がクリスマス2ヶ月前から

 たくさんディスプレイされていました。

 

  

 1人ならば危ない場所

 ついついポーっとしてしまって

 時間の流れを忘れそうだから。

 赤い屋根たちがそんな時間を誘うのです。

 

 

  おひるごはん。

  じゃがいも三昧のプレート。

  ハッシュドポテト3つ+じゃがサラダ(大盛り)+人参酢漬け+サラダ

  これはこれは、、

  さすがドイツ。

  もちろんですが、食べきれずごめんなさい。

 

  

  Rothenburg(南ドイツ)に来たら食べましょう?

  と、観光で来たドイツの方に言われ食べてみました。

  「schnee ball」雪の玉

  シナモン/レモン/ナッツ/チョコ

  見た目とは違いあっさり軽く

  ドイツのスイーツが得意でない私ですが

  おいしく頂きました。

 

  

 街の中心ルートからはずれて

 小さな道。トンネル。

 はっとするような風景は度々やってくる

 

 

 お腹、満たされた所で

 市庁舎の塔に登ってみる事に。

 

 甘く考えておりました。

 息切れ。

 そして最上部、とっても怖いのです。

 狭くて風が強くて、今までたくさんの塔に登ってきましたが

 一番恐ろしいと思った塔でした。

 

 登った甲斐はもちろんあり

 この景色。

 赤屋根ずらり。

 

 ウロコみたい

 

 小さな街なので2時間ぐらいあれば

 街をぐるりお散歩できます。

 

 

 Rothenburg

 南ドイツの街並が好きな方にお勧めな街でした。