Ruedesheim/Rhein

 

  ブドウ畑が続くワインの街

  赤白ピンクのグラスゆらゆらと

  音符が言葉をこえて導く手と手

  スロウなひととき

  みどりがわらう

  

 

 

 

 

++++++++++

24.Sep

++++++++++

 

11:53

Frankfurt Hbf → Ruedesheim

駅でおやつパン

ファミリさん

お買い物2回目はパン屋さん

荷物と無事乗車

鈍行列車で向かうワインの名産地

時折差し込む陽

マリメッコノートに記された旅のプランを念入りにチェック

懸念事項ちらり

見ては閉じて閉じては見ての繰り返し

次訪れる街の船着き場

予約したタクシーが向かえてくれますよう

願いをライン川に

 

 Ruedesheim到着

川沿いにお店が軒を連ね

観光のお客さんたくさんと

 

コインロッカーのない観光地

トランクとぼこぼこ道のたたかい

 

夕方から乗船予定のKD(船乗り場)の受付に交渉

「トランクを預かってもらえませんか?」

こたえ×

「一人預かるとみんなの物もね、ほら預からないといけなくなるわ」

「でも特別あなたのだけこっそり預かってあげるわ」

こたえ△に

「いえ、ファミリさんのトランク併せて4つあります」

「4つは無理よ、1つね」

「3つお願い」

「だめよ1つ」

「3つ、、」

「ぢゃあ仕方がないわね2つ預かるわよ」

「料金は?」

「無料でいいよ、だから早くおいで」

こたえ◯△で決着

 

 

 

Drosselgasse

幅の狭い小路

ここがRuedesheimの観光地

ワイン酒場が10歩歩く度に

というところでしょうか

 

私たちのお昼ごはん

Ruedesheimer Schloss

音符風

ながれてくる

赤に白にピンク

なみなみワインでかんぱい

料理はお勧めをたずねて選びます

  

Huhn mit creme(チキン)

wiener Schnitzel mit Pomes(カツレツ)

Ruedesheimer Salat(サラダ)

ファミリーさんみんな満足

大盛りな3皿

5人でごちそうさま

 

 

料理が運ばれてくるころ

中庭でダンスダンスダンス

ステップはそう

音楽に任せてふんでふむ

みんなおしゃれして

楽しい雰囲気にごはんもおいしいでした

 

本当は

ロープウェイに乗ってRuedesheimを見下ろす計画だったのですが

この場所が気に入ったファミリーさんはここでゆっくりを選択

旅のプランの変更もよいでしょう

 

 

16:05

Rhein川クルーズ

預けていた荷物受取

ありがとう

1時間20分かけてOberweselに

Goethe号

大人12ユーロ

「Schoenes Wochende Karte」

週末30ユーロでどこまででもゆけるチケット

このチケットで割引に

知らないだったラッキ

やってきた

 

古城が見えてくる度

きこえかさなるシャッターの音

アナウンスは6カ国語

母国語が流れる頃には対象城、遥か遠くに

  

 

ゆるりとしたRhein川の流れ

同じ景色に少し眠たくなる

  

ワインの試飲をするファミリさん

上から見下ろす船員さん

   

船内

みなさんこの時間

ビールでお茶をしていました

船内はとてもきれい

 

予定通り17:35

Oberwesel KD

 

古城ホテルを見上げる

あそこに向かおう

 

ところで

タクシーは待っていてくれますか?

 

 

Oberweselへ