santorini

 ようこそ、ようこそ

 まっしろな迷路へ

 でこぼこな道につまずかぬよう

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

      

      

 

   

 

 

 

 

 

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                #1  旅の路と出発

                     日時:2011.09.30 → 2011.10.10

                     訪地:サントリーニ島(Greece)リスボン(Portugal)       

                     航空:KLM/Olympia/Aegean/Swiss/Portugal

                     乗換:8回

                      オランダスキポール空港を経由

                      アテネ到着は夕暮れ時

                      淡いむらさき色の雲が左へわさわさと急ぐ

                      窓の景色

                     その様子をしばらく眺めいると

                     長旅の疲れが一緒にながれて

                     空一面がオレンジ色になった

                     そんな旅のはじまり

                     Airport Hotel明日に備えぐっすり眠る

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

            #2  サントリーニ空港

                     アテネ空港から50分

                     Olympia航空のプロペラ機は高度を上げることなく

                     インディゴ色のエーゲ海と平行に飛行。

                     三日月のカタチをしたサントリーニ島が見える頃

                      強風で機体が左に右にゆらゆら揺れる

                      恐る恐る窓をのぞいてみる

                      白く起つ波しぶきのあとをしっかり捉えて

                      翼と海面の距離を想像する

                      着陸まではおとなしく目をぎゅっと閉じた

                      フラフラした機体は無事小さな空港に着陸

                      ぷしゅーっ

                     身体から空気が抜けた

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

          -------------------------------------------------------------------------

           #3  ようこそ、サントリーニ島

                    気付くと鼻歌をうたっている

                    この島に足を踏み入れると

                    きっとみんなそうだろう              

  

          -------------------------------------------------------------------------

        

             

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                #4  Hotel

                    Manos Small World

                    Firostefani(フィロステファニ)のカルデラにあるホテル

                    中心の街Firaへは徒歩20分程でゆける好立地

                    小さな窓枠が額となって1枚の絵になる

                    音楽が聞こえて音符が踊り出す、デュフィーの絵のよう

                    部屋を一歩出るとエーゲ海のパノラマ

                    テラスに座って伸びをする度

                    青空にタッチ

                    陸と空の距離はとても近い

                    サントリーニの気候と空気と人がそうさせる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ さ が や っ て く る

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

            #5  あさごはん

                    むくっと目覚め

                    たたたたたっと素足で一直線に扉をあける

                    ばーんっ!おはようエーゲ海。

                    1人早く起きた朝はテラスに座って

                    陽がのぼる前の淡い色を身体に染込ませる

                    小鳥たちの朝の合唱は

                    この島に辿り着いたよろこびの歌

                    テラスに運ばれるあさごはん。

                    朝の澄みきった空気の中

                    島の近くに停泊する真っ白なクルーズ船を眺めながらいただきます

                    本場濃厚なギリシャヨーグルトは

                    毎日やってくる朝のはっぴい

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

  ----------------------------------------------------------------

     # 6 街を散策

          Fira(フィラ)

          Oia (イア)

          Firostefani(フィロステファニ)

          Kamari (カマリ)

  --------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

     1. Firaの街

                   

        空港から車で30分。

        サントリーニの中心の街。

        かつて大爆発を起こした火山が形成したカルデラ地形

        断崖の上に白壁の家々

        お土産屋さんが軒を連ね

        時間の経過をお知らせする自然に

        足をとめてばかり、

        そんな街を歩きます。

 

 

 

 

 

  

白の迷路

右に左に上って下って

光のほうへ

教会の鐘がなるほうへ

  

白い壁

この正体は石灰

除菌作用に加え

強い日差しで内部が高温になるのを防ぐ効果があるそう

  

レストランやお土産屋さん

お昼時はレストランから海の匂い

街がおいしい匂いに色づく

サントリーニを表す1枚は?

大半の人が挙げるだろうこの景色

とても分かり辛い場所にあると予備知識がある中

ホテルを出てFiraに向う道のり

迷い入った坂道の先にこの景色がまっていた

わたしたちの旅には必ずあることの1つ

迷って辿りつく

 

陽がしずむね

すこしここに座ろう

ただそれだけでいい

街の灯がリレーする

ぽん、ぽん、ぽん

あの家、この家、あのお土産屋さんに

 

   

夜空ににこやかなお月様

月の光がエーゲ海にすーっと一筋

それに輝いて応える海面

ホテルから階段をくの字にのぼって

雰囲気の良いレストランに行く

豪快で美味なギリシャ料理が机を彩り

サントワインでほろりとなる

額におさめたい

恋人たちの語らいの時間

 

レストランから幅不揃いな階段をおりて

テラスでサントワイン

グラスをあわせる

お月様の光は夜明けまでずっとやわらかい

 

 

 

 

 

 

     2. Oiaの街

                   

        Firaからバスで30分。

        島の北端の街Oia。

        世界で一番美しい夕日を見ようと

        夕暮れ前から人であふれる。

        メイン通りの明、賑、美

        小道の暗、静、美

        対照的で興味深い

        街が密集しているOiaの街は

        石灰の白がぽわっと空高くまで浮きあがって目に映るよう

        Oiaの小さな街をぐるり一周歩く

 

 

 

 

お花のトンネル小道

空気が息を潜めているよう

静寂

メイン通りから少し迷いこむと出会えるこの雰囲気

息づかいが聞こえてきそうな小道

小さなストーリーがうまれてきえてゆく

  

車の乗り入れがないOia

崖下はエメラルド

  

 

陽が一番高いところで少しおひるねをしている頃

白がとけて青とミックスになる

浮き上がった街はぼんやり

陽は街の表情に満足しているよう

白と青の街が

黄昏色に染まる

賑わう街から少し離れたcafe

静寂の中の夕暮れ

  

自然を美しいと思うことは

わたしの今の暮らしに美しいと感じる自然がないから

自然と共存する暮らしは

美しさの捉え方をきっと変えさせるだろう

月がぽわんと浮かんで

Oiaに夜がやってくる

 

 

 

 

 

 

     3.  Firostefaniの街

                   

        宿泊したホテルがある小さな街

        訪れた4つの街の中で一番のお気に入り

        ひっそりした雰囲気と

        サントリーニの日常がすぐそばにある

        そんな街

        

 

 

 

 

ホテルのテラス

伸びをした先に見える丘

近そうで遠いだろうその街

歩いてみようと意見が一致

地図を持たず

目に映ったその場所へ足先をむける

そんなお散歩もいい

ずっと坂道

まるで登山

魅力的な小道が道中たくさん現れる

 

10月のサントリーニは日差しが強い

自然と手がひんやりする石灰の壁をもとめる

ぼこぼこ、ごつごつした手触りは心地良いが

気付いたら手は真っ黒

 

  

階段が目の前に現れたら迷わず上る下りる

ぐねぐね曲がってたくさんの家の前を通過して

着いたのは崖っぷちの行き止まり

Uターンして目の前に逞しい火山の姿

迷路の中

「ここより立ち入り禁止」

見えず知らぬルールが行動を大胆にする

道がある限り迷路は終わらない

 

この街にはひっそりした日常がある

見つけて匂って感じる

観光化されたFiraやOiaには流れない空気

ここからあそこには

どうやって行けばいい

の連続

くじらくんがいない!

どこだ!

迷路はつづく

小高い丘へのお散歩

サントリーニの一番好きな街との出会いでした

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

   4.  Kamariの街

 

       西側は断崖続きなのに対し

       東側には美しいビーチやワイナリーがある

       開放的なカマリビーチ

       落ち着いた雰囲気のベリッサビーチ

       古代ティラに向う途中にある

       カマリの街を歩いてみました

 

 

 

 

 

 

そろそろ日本は

トレンチコートの季節

  

カマリのビーチは火山岩の黒砂

砂というより石

貝殻集めはできず

着陸態勢の飛行機がみえるビーチ

轟音が鳴り響く度、空を見上げる

行きのぶるっと震えた飛行を思い出し

音が届かなくなるまで目を閉じる

ビーチ沿いのレストラン

正午過ぎ

こちらは新聞片手にあちらは宿題に勤しむ

野菜果物を積んだトラック

地元の人たちが元気だと野菜果物も元気

 

カメラを向けた先は映画のワンシーン

そんな瞬間の連続

 

 

 

 

 

 

 

8合目

  

柵がないぞぞぞ道

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #7  古代ティラ

                      古代ティラは紀元前9世紀頃から1000年以上に渡って栄えた街の遺跡

                      サントリーニの最高峰(約370m)メサ・ヴノ山脈の頂上にあります。

                      壮大な山脈の頂上に都市があったことに驚くばかり。

                      8合目まではKamariの街で予約したミニバス利用。

                      車やバイクを使わず麓から歩いている人たちもちらほら。

                        登山のはじまりは8合目から

                      勾配きつく、登るにつれて風が増す

                      柵がない細い道、簡易的な柵がある道、柵が強風で倒れたままになっている道

                      行く手の海側をみるとぞぞぞ

                      そろりそろり歩き

                      びゅっと強風に吹かれるとあっと言う間にエーゲ海に転落、、、

                      怖かった。ああ、こわかった。

                      頂上からサントリーニを一望。

                      西側から眺める景色とは違ったもので美しさに暫し心奪われる

                      絶景のあとは下山の恐怖がまっている。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #8  SANTO  WINES WINERY

                      夕日を臨むワイナリーのテラス

                      Santo Wine片手にその時をまつ

                      6種のワインがたのしめる試飲セットをオーダー

                      夕日色のデザートワインにほろり

                      このワイナリーはワインの販売はもちろん

                      実際稼働しているワイン工場に入って

                      工程を説明して頂けるツアーがあります

 

     -------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                     

   

 

 

 

 

ジグザグ、一気に崖下へゆくバス 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #9  ワイナリーまでの道のり

                      ぐんぐん下る下る

                      まだ下る、止まってくださーい

                      Firaからワイナリー方面のバスに乗車するものの

                      停留所を越してしまう。

                      停留所を過ぎてからは崖上から崖下までノンストップ

                      ぐねぐね道、

                      10分近く耐える

                      終点はアティニオス港だった

                      大型クルーズ船や近郊の島ゆきの船が行き来する港

                       崖上のUターンバスはなんと50分後!

                      2人ぼーっとしばし崖上を眺め、タクシーに乗り込むのでした。

    

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

  

対岸にある火山「Nea Kameni」のツワーボード発着

  

ロバタクシー

 

右上に見える街がFira

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #10  Old Port

                    クルーズ小型船が到着する崖下にある港

                    レストランと小さなお土産屋さんがぽつぽつ

                    見上げる崖上、Firaの街までは以下3ルート

                     1. テレフェリック(ゴンドラリフト)

                     2. ロバタクシー

                       3.  歩いて(ロバタクシーと同じ道)

                    気紛れなロバに乗って580段もの階段をゆく勇気なく

                    テレフェリックですぃっと上り下りしました。

                    この乗り物も急勾配で結構迫力があります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #11 サントリーニのワン

                    くじらくんはいつでもどこでも犬猫にカメラをむけます。

                    サントリーニの気候は人だけでなくみんなに心地よく

                    うとうとを誘うことが得意です

                    遠くにいても寝息が聞こえてくるお昼寝は

                    こちらのあくびを誘います

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #12  サントリーニのニャン                  

                     白い道をテケテケと走ってゆく姿             

                     ウミカゼを受けて伸びをする姿          

                     ぬっと現れしゃしゃしゃっと去る姿

                     出会った猫たちみんな毛並みが美しいのは

                     この街の自然のめぐみが起こすことの1つかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #13  サントリーニのお花

                     夜明け

                     エーゲ海に光が差すころ

                     お花たちが目を覚まして1日の準備をはじめる

                     実も枝も葉もたくましく

                     そのたくましさはこの島の色

                     白に青に負けないのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

新鮮なイワシはフレッシュオリーブオイルとレモンで

 

                          【ムサカ】               【スタッフドトマト】

                    なすとジャガイモとミートソースに          トマトをくり抜き中に

                      たっぷりのパルメザンチーズ         味付けした米を詰め揚げたもの

                    ラザニアのような家庭料理の代表格      

 

 

                          【ザジキ】               【ムール貝のトマト煮込み】

                    すりつぶしたキュウリヨーグルトを加え      ぷりぷりなムール貝をオリーブオイルと  

                    ガーリックやスパイスで味付けしたパテ       フレッシュトマトで煮込んだ料理

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #14 サントリーニの太陽のめぐみ

                      素材の味、太陽の味

                      どのお皿からもフレッシュなオリーブオイルの香りが漂う

                      エーゲ海を眺めて、サントワインを片手にゆっくり食事をして

                      それだけで充たされるだろう、思い

                      太陽のめぐみを通して

                      時間が経過すればするほど心豊かに

                      身体が元気になってゆく

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

   

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #15  Cafe

                      陽はまだ高いところでのびのびしている時刻

                      人人は夕日スポットを求めてカフェテラスに入ってゆく

                      そんな中わたしたちはアイスカフェにふらり

                      色鮮やかなアイスのボックスを暫しながめ

                      マンゴーとバナナをオーダー

                      もったりとしたバナナアイスがとても美味しかった

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

   

   

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

             #16 サントリーニ離陸

                     帰りはARGEAN航空。プロペラ機でなくほっとする。

                     小さくなってゆく三日月サントリーニ

                     窓から眺めるエーゲ海に浮かぶ島々

                     エーゲのどこかの島に寄港する真っ白な船

                     行きと同じように高度上げることなくアテネへ向う

                     サントリーニですごした時間

                     またね、さようなら                   

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

     旅はつづく

     ポルトガルへむかいます