venezia

 

 veneziaは大きな大きな街迷路

 わたしの目的はただ一つ

 あの画をみにゆくこと

 

 

 

 

 

 

:::::::

06.7.15

:::::::

 

朝6時出発

バスツアーに参加

ぐんぐん山をこえる

合成のような山々をレンズ越しにみる

山の上のマクドナルド

一休み

ここはスイス?

1ユーロのコーヒーであたたまる

 

バスで7時間程

あともう少しの風景を眺めては眠って眺めては眠る

 

着いたバスターミナルは閑散としていた

そこから歩いて船乗り場に向かう

 

veneziaの3つの交通手段の中の一つ

ヴァポレット(船)に乗って街の中心に向かいます

24時間券を購入

12ユーロ

veneziaは周囲11キロほどの小さな島

小さな運河が島中を走っていて

地図をみればみるほど不思議な魅力を感じる

 

  

交通手段の3つは

水上タクシー/ゴンドラ/ヴァポレット

車や自転車は走りません

 

今日は年に1度のお祭りの日のよう

黄色提灯がずらり

このお祭りが後ほど大変なことをよんできます

午前中は島と島をつなぐ橋を架けている

そんな作業中

  

車の騒音がない島

水の音と近所のうわさ話と観光のお客さんのざわめきくらい

 

サンマルコ広場を通り抜けて

観光名所

左:ドゥカーレ宮殿

右:サンマルコ寺院

 

 

スーピールの橋

 

当時左建物が裁判所 右建物が牢獄だった

この橋を渡ると二度と戻ってこられない

囚人たちがこの橋を渡って牢獄へ向かう時

最後にその小さな窓から深いため息をついた

通称「ため息橋」

と現在

 

時が流れ今では恋人同士が手をつないで渡ると

二度と離れない説があるが

実際にこの橋は渡れないよう

 

**moriの美術館**

「スーピールの橋」

Bernard Buffet

常設展示

 

ビュッフェの描いたスーピールの橋を思い浮かべながらみる本物橋

彼の目に映った橋

私の目に映った橋

彼の描いた橋

私の描く橋

 

ビュッフェが描いたその線の力強さを

この場所

空気を通し水の不規則な柔らかな動きから伝わり

そしてふるえた

 

 

ゴンドラ乗り場を発見

いくらですか?

5人で100ユーロ

 

ゴンドラ20分の旅

右に左に傾いて

どんな曲りミチだってお手の物

水のダンスにさそわれるゴンドラの旅

写真クリックどうぞ

 

お土産通り

veneziaといえば

カルネヴァーレ

ヨーロッパのお祭りの中でも大規模で華やかなお祭り

趣向を凝らした仮装をした人

仮面や貸衣装で即席の仮装をする人

ダンスダンスダンス

考えるだけですごいです

 

 

魚市場付近

男たちが群れる

魚の匂

酒の匂

×△□

声をかけられた

 

休憩

小道に入ってアイスクリーム

忘れられないティラミス味

 

オープンカフェでランチ

今日のおすすめの魚を取り分けてもらう

そしてピザにビールに

 

 

おなかいっぱいの後はお散歩

小道迷道が数えきれない

そして巨大迷路に右往左往

インフターフォンの顔が驚いたりわらったり

 

この街の迷路以上の迷路に出会ったことがない

 

ぐるぐる回ってやっと見えたごんどら群

見た事のある風景にほっと一息

日が少し沈んで街灯がぽつりぽつり着きはじめた

遠くから太鼓の音が聞こえる

今日はおまつり

どんどこどん

 

人のかたまり

花火を準備しているよう

  

橋の灯が山型に灯りはじめる

サンマルコ寺院が違う表情をみせはじめる

バスの出発時間の約束23時

そろそろヴァポレットに乗ってバスターミナルへ

お祭りのためヴァポレットが通常でる場所から出ないことに焦る

人の間あいだをすり抜けて全速力

どんどこどんどこ

お祭り日

どんどこどんどこ

心臓太鼓

 

夜行ヴァポレット

遠くなる島

venezia

水と共に存在する島

venezia

 

 

 

おしまい

 

home