。                       。

12  1  2  3  4  5  6  7 8  9 10 11  home

                                        。                                                

                                                  

       

真夜中に電話によばれました

「赤ちゃんができたんだ」

 

君とは6歳の時からおともだちをしていて

いっぱいケンカして

いつも先生に2人ともゲンコツ頂いて

手を繋いで眠って

どんな時でも私の隣にいた

君は小さな体で大きな夢をあたためて

15年後 その夢を実現した

わたしは君をすごくすごく尊敬しているってこと

ちょっとかいてみたよ

だけど

なんだか口からはまだ出てこないよ

 

今でも変わらないレベルでケンカばかりして

仲直りのうどんをいつもあの場所であの席で

何も話さずもくもくと食べるんだ

 

おめでとう

君にはしあわせになってもらわないと

わたし困るんだからね

おめでとう

1th

 

 

道ばたに

たんぽぽ咲いてた

2th

 

 

ナターシャがつくったクッキー

ぺロぺロキャンディだと思ったよ

うん

あまくておいしい

5th

 

 

おともだちが24歳なりました

おめでとう

あなたの小さいかわいいの集団

ブクブク出る水泡みたいかわいいで

わたしは大好きです

12年も経った大きな大きな洞くつを今日

のぞいてみた

穴の中いつも2人いっしょ

ずっと変わらないがそこにいたよ

6th

 

あるスーパーの包装紙でした

7th

 

 

ずっと幼い頃にみた光景は

目がいたいぐらいチカチカで

わたしはここが好きだった

だけどいつも身体は寒かった

ずっと幼い頃の朝が遠い夜

目をつぶって夢にする夢を頭の中で描くことが上手だった

幼い記はその時のうれしいも不安もたのしいも全部

表現上手で

手にとる度

それが自分の導線だと頷いた

 

目の先は

小鳥たちの水浴びの時間

コンクリートに出来た影からできる物語を

ずっと楽しそうにおしゃべりする

ずっと幼い頃の夕焼けの時刻は同じように手元にいる

8th

 

HANIKAMI NIGHT Vol.6

**たぶん、楽しいが、答えだ。**

2004.12.17

はじまり 20:00  〜 おしまい1:00

星空JETTにて

みんなでるんるんしましょう○●

 

 

moriの美術館忙しい毎日

キャプション作りや今は版画連作の小冊子を作成しています

同時に取材受けが多くがんばる毎日

 今ここに

10th

 

わたしのおばあちゃん 

えみちゃん

えみちゃんがずっと使っていたお財布をいただきました

かわいいです

本当に大切で大切で開けては閉めてのくり返し

くり返しの花咲く時間

11th

 

 

京都から届きました

 

ぺらぺらと

これはうれしい

12th

 

 

1回目OBの集い

お鍋を囲んで改めておもうこと

休むことをしらない文字たち

だから縺れてしまって

うまく出てこないだけど

想像以上のすてきがうまれた

でも恥ずかしくて隠してしまった

2次会

ボトルのお酒がおいしい

お話しがうれしい

時間がどんどん過ぎてゆくがさみしくて

9時まであと8時間もあるよ

のことばを後押しする悪魔

次回雪見会

また頼りない幹事させて頂きます

参加してくれてありがとうです

13th

 

 

ざんねんな二日酔い

かたつむり

14th

 

キャラメルの匂いがしたから

そこへ向かうんだ

虹色のたま虫が羽をならしているといううわさが

そこへ向かわせるんだ

理由にかわいいをプラスして

君に会いたい

15th

 

2004.12.16

こうたん1さい

osanpo1さい

16th

 

 

規則正しく並ぶ赤四角と黒四角のステージ

今日も無数の桃色が

それぞれのそれぞれ

奏でて一つになる

HANIKAMI NIGHT

17th

 

 

以前のお仕事仲間さんたちと忘年会をしました

街は夜の灯と人たちであふれていて

キャンバスに賑やかに色をのせたくなりました

2次会

大好きなソフトクリームにルンルン

今でも仲良くしてくれるみんな

ありがとう

18th

 

 

 

コンクリートと雨が仲良しで

その表現色に

正午を歌う

19th

 

 

くしゃみをした

見逃した星の砂

朱色のブーツをはくその少女は

種蒔き通りに向かうと言う

わたしはその向うを知っている

はるか昔の彼方に

わたしはその朱色のブーツをはいたんだ

そしてまた

その時がくるんだ

20th

 

 

みかんちゃると夜ごはん

息をつく暇もないリズムなお話

一生懸命な話も君に話すとなぜだかね

なんだかね吸収されて

下手したら一生懸命な気持ち忘れていいよ

そんな具合に

吸収されて

気が付くと

わたしの道端に新しい種が運ばれてきている

そんな具合にね

 

おそろいのネコの置き物は

ずっとおそろいで

いつまで経っても変わらない

安定しない羽を

2人で笑うんだ

21th

 

 

私だったらこうすると思う

ない は りゆう

ただそうしたいだけ

22th

 

 

水草をたくさんふやしました

 

newなお魚メンバー

プリステラたち

23th

 

 

すごく熱いからだをもって

美術館で湯気を出す

サンタめ

24th

 

 

クリスマス

熱い

25th

 

 

君の低い声とわたしの高い声が仲良しで

目的地をもたない小さな旅

だちょうで笑った国道のミチ

少し楕円の美しい眼

お気に入りのコーヒーシェイクがホルダーに2つ仲良しする

 

わたしが放った?に君は躊躇うことなく=を導く

標された有明海岸の青い看板に

手招き招待される青いマーチ

そこには松の大木のミチが素敵に潜んでいて

彎曲している松に腕をくむ

海岸にはセーラー服の少女と短い髪の少年

80センチある2人の距離と太陽の光が

とてもくすぐったいでした

 

高松まであと少し

あのコに会おうか

1時間30分後

私たちはコーヒーをする

他愛のない話に君が彼女が

私も笑う

 

帰りに君が放った?に私は躊躇うことなく=しなかった

君はいつも難しいを

私はそれを嫌うを

お互い知っている

23時に食べた湯気のたたないうどんが

それがこたえ

きっとそう

28th

 

 

moriの美術館に着くと

薄い灰色の一面から届いた真白な粒たちを

うれしそうにキャッチする木々に

少し光り射すと透明な滴たちに姿かえて

地にやさしくキスするのを

キレイだね

眺めてた

 

29th

 

 

あれから一年後

今日が開封日

決まって場所はココ

千代紙を黒くするその言葉に一年を振り返り

そしてまた

千代紙を黒くする言葉を来年の今日に

お互いがお互いを願う霰の日

31th